agaを食い止めるには!?食生活の改善と正しいケアがポイント


agaを進行させやすい食生活とは

乱れた食生活、暴飲暴食などはagaの進行を早めます。日によって食事回数が異なる、肉食中心で野菜をほとんど食べない、暴飲暴食が原因で肥満体質になっている、などに該当する人は注意してください。髪の毛はたんぱく質を中心とした栄養素で構成されており、糖質・脂質が中心の食生活を送っていると薄毛リスクが高くなります。

agaの進行を遅らせるには、植物性たんぱく質や魚類の積極的な摂取をおすすめします。大豆食品は髪に最適とされており、豆腐や納豆、豆乳などは髪の原料になるだけでなく、男性ホルモンの過剰分泌をブロックするメリットもあるのです。頭皮は食生活が反映されやすい部位で、例えば脂性肌だと脂質の過剰摂取、乾燥肌だと脂質不足が考えられます。

症状に応じた対策を実施しよう

薄毛を自覚した時点では、まだクリニックで診断を受ける必要はありません。不規則な生活、病中病後などが原因となる一時的な脱毛症かもしれません。agaは徐々に進行するのが特徴で、途中で抜け毛や薄毛の進行が止まることはないのです。数か月にわたって薄毛が進行しているならば、シャンプーを変更する対策を試してみてください。シャンプーが頭皮に合っていない可能性があるからです。

薄毛の進行が早いようであれば、育毛サロンでヘアチェックを受ける方法がおすすめです。サロン通いをしても改善しないのであれば、agaの根本要因となる5α還元酵素を抑える対策が必要になります。5α還元酵素阻害薬は薬局や薬店では購入できず、医療機関でのみ処方しています。

agaを新宿のクリニックで診てもらいたい、そう思っている方は、複数のクリニック(新宿駅から徒歩圏内に多数あり)の評判をネットでしっかりと確認し自分の症状に最適な所を選ぶようにしましょう。