日常生活にも注意!agaの原因と進行させないためにできること


agaの原因は男性ホルモン?

agaには男性ホルモンが深く関係していると言われています。そうは言っても男性ホルモンだけが要因ではありません。男性ホルモンの一つであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換されます。このジヒドロテストステロンがホルモン受容体に結合することで、髪の毛の発育に影響を与えてしまうのです。テストステロンや5αリダクターゼを食生活や運動で取り除いたり、減らしたりするのは難しいことです。対策としては、クリニックや専門サロンで治療薬の処方や注射といった治療をすることで、5αリダクターゼの働きを阻害することが可能です。

agaはサロンに頼りっぱなしでは改善しない

専門サロンやクリニックで治療をしても、日常生活に問題があれば治療がうまくいかないこともあります。agaを進行させないためには、サロンやクリニックの治療に頼るだけでは改善しません。薄毛や抜け毛の大きな原因と言われるストレスの解消や偏った食生活の見直し、睡眠不足の解消などが必要です。また、紫外線や喫煙、間違ったヘアケアなどがagaを進行させてしまうこともあります。

パーマやカラーリングなどもやり過ぎれば頭皮へのダメージにつながります。ワックスなどのヘアケア製品も頭皮環境を悪化させる原因となることがあります。パーマやカラーリング、ヘアケア製品などはできる限り控えることが理想ですが、必要な場合は頭皮にやさしい成分のものを使用しましょう。ワックスやヘアクリームなどは洗髪の際にしっかり洗い流し、頭皮に成分が残らないようにすることが必要です。

agaを千葉のクリニックで受診したい場合は、千葉の主要駅近辺で探すと良いです。すぐに、利便性の良いクリニックを見つけることが出来ます。