医療脱毛のメリットとは!?リスクについても解説!


永久脱毛ができる高出力のレーザー

レーザーを使用する医療脱毛の大きなメリットは、永久脱毛が実現できることです。医療資格を持っていないと扱うことが不可能な、強い出力の機械を使えるため、毛が生える仕組みを確実に破壊することができます。また出力が強いため1回当たりの効果も高く、比較的早めに毛が抜けたり少なくなったりすることを実感できるようになるでしょう。そうして毛が少なくなっていくにつれて、お手入れがしやすくなるというメリットもあります。

リスクは対策できることが多い

レーザーを使用した医療脱毛の仕組みとしては、毛のメラニン色素に反応して熱を発生させるタイプが多いです。ただメラニン色素は皮膚にも多少あるため、照射によって皮膚も熱を持ってしまいます。そのため熱が原因で痛みが発生したり、炎症を引き起こしたりするリスクを伴います。けれど医療脱毛を受けることができるのは医療機関なので、痛みや炎症への対策を準備しているところが多いです。痛み対策としては麻酔の使用、炎症には施術後の冷却や外用薬の処方が有効的です。したがって医療脱毛のリスクが気になる場合は、そのリスク対策をしっかりしているところを選ぶと良いでしょう。

またメラニンに反応するタイプの医療脱毛だと、肌が日焼けをしていたりほくろが多かったりすると受けられないこともあります。しかし現代の医療脱毛にはメラニンで熱を発生させるのではなく、毛が生える細胞そのものを破壊できるレーザーもあるので、そちらを選択すれば問題なく永久脱毛ができるでしょう。

医療脱毛を銀座で利用するときにはクリニックを予約してカウンセリングを受けます。施術プランを決めて数か月間通い続けるのが一般的な流れです。